スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7 SEEDS:島の章(4)柔らかな獣 あらすじ・ネタバレ

誰かが仕掛けたワナをかろうじて避けた嵐とナツ。

今すぐにでも逃げ出そうとする嵐にナツは、
「麻井さん(蝉丸)にも、一応声をかけた方がいいと。
 牡丹さんの仲間ではないみたいだから」

でもその時、ナツは自分で感じていました。
今、「いい子」になってると。
一緒に行きたくなんかないのに、あんな人どうなったっていいのに。

嵐は、そんなナツに対して「やさしいなあ」と言いますが・・・

蝉丸に声をかけると、蝉丸は行かないといいます。
「姐さんが一番たくましいし、一緒にいる方が安全な気がするから」と。

ナツが置いてけないというから、一応声をかけたと嵐が言うと、

蝉丸:「へええ、ナッちゃんが。
    おまえさ、そういうとこが嫌われるんだぜ。
    何考えてんのかわかんねえんだよ」

の言葉に、ナツはどきっ。


とりあえず、嵐とナツは高い所に登って、あたりを見渡すことに。



一方、蝉丸が牡丹に2人の話しをすると、牡丹はショックを受ける。

「ああ・・・ダメじゃんわたし。失格だ・・・」

牡丹は感じているのです。この島の違和感に。

牡丹:「ここが本当に恐竜の島だったとしても、わたしは驚かないわ」



戻って、嵐とナツはやな感じの湿地帯に入ります。



戻って、牡丹と蝉丸。違和感という言葉が気になる蝉丸。

牡丹:「あんた、自然の中って経験ある?
    じゃあ、ここに来て鳥の姿を見た?声を聞いた?
    爬虫類は?ヘビやトカゲやそういったもの。
    あのヒルと白い虫以外の虫は?
    こういうとこにいそうな小さい羽虫やアリやハエや蝶やクモの巣を見た?
    動物の声は?サルや何かの姿を見た?川に魚は?
    この島は静かすぎる。それってフツーだと思う?」

言われてみれば、見てない(怖)

蝉丸:「フツーじゃなかったら、なんだってんだよ姐さん!」



で、嵐とナツがフツーじゃない植物を見つけます。
食虫植物ではなく、食獣植物!

嵐:「ここ日本なのかな?」

ここが日本じゃないなら、助けなんて来ない!


とそこへ、ウサギさんが2人に寄ってきます。
最初は数匹でしたが、なんか数が思ったより多い・・・

「やばいかも・・・」と嵐が思った瞬間、

かわいらしいかと思ったウサギが牙を向けて、ナツたちを襲ってきました!

逃げる嵐とナツ。

するとその先に、草を食べているウサギの群れが。
そのウサギの群れを、追っかけてきた凶暴なウサギが襲います。

共食い・・・(怖)

ウサギたちを見ている間に、嵐とナツが植物に飲み込まれてしまいます。

ただの植物だから大丈夫と思うものの、中のネバネバで動けない。
肌もピリピリしてくる。
この中で、溶かされて、消化されてしまうの!?



一方、蝉丸と牡丹もれいのウサギに襲われています。



戻って、嵐とナツ。なぜか2人は助かります。
なぜか?

初登場の見知らぬ男性が2人をナイフで助けました!

嵐:「ありがとうございます!よ・・よかった!
   救助隊の人ですね!!!」

男性:「・・・いや。あんたらと同じだ。
    ここは自分たちが知ってる世界じゃない。
    ナイフは身につけておくことだ」

先ほどの仕掛けも、この男性がやったことが判明。


と、ナツがウサギの子供を見つけます。
肉食の方ですが、ナツの指を噛み付いても、ぜんぜん痛くない(笑)
ナツは、前の世界で飼っていた猫のナッツを思い出します。
一緒に、このウサギも連れていこうかなと思った矢先、

男性がナイフで子供ウサギを刺して殺してしまいます!

男性:「そんなもの連れてたら、連中を引き寄せてしまう」



その間に、牡丹が襲ってきたウサギを全滅させます。

蝉丸:「ね・・・姐さんすごい。あんたほんとは何者なんだよ!」

牡丹:「わたし?もともとは警官よ。ぺーぺーの公務員。」

婦警さんと知った蝉丸は、青くなって、土下座で平謝り(笑)



戻って、嵐、ナツ、見知らぬ男性。

男性がウサギをさばいています。内臓を取り出して焼いて食べるため。
嵐は、それを見て青くなってます。

嵐:「そいつら共食いしてましたね」

男性:「人と同じだ。元々はひとつの種類だったらしいが、エサがなくなって
    喰う側と喰われる側に進化したんだろう」

嵐:「ひ・・・人は共食いしません」

男性:「エサがあるうちはな」

意味深です。

ナツは「帰りたい」と泣いています。



蝉丸と牡丹たちも、ウサギをさばいて食しています。

蝉丸:「うちの母親あんまり料理しなかったからな。
    あ、オレんち母子家庭なんだけどさ、その母親がさこないだ言ったんだ。
    『ねぇ蝉丸、おまえを一億で国に売ってやったわ』
    さあ姐さん、これどういう意味かな?」



嵐:「あの・・・何か知ってたら教えてください。
   オレたちは誘拐されたんでしょうか?誘拐犯を見ました?

男性:「誘拐?ただの誘拐とか拉致とは違う。
    これは、政府のプロジェクトだ」



蝉丸:「なあ!姐さん!」

牡丹:「わたしにはまだ何もわからないわ」



そして、みなそれぞれ眠ります。



起きると、男性はすでに発った後でした。

そして、嵐とナツは目指してた丘に登ることに。
視力のいいナツが下で、丘を登る嵐に方向を教えています。

嵐が危なっかしく丘を登っていると、突然、

牡丹:「嵐!その木に命綱をつけときなさい!
    結び方を教えたでしょ!早く!」

せっかく逃げたのに会っちゃったよと、なぜかうれしそうな嵐。

そして4人(ナツ、嵐、蝉丸、牡丹)が丘の上に登り、まわりを見渡すと、
そこには、絶望的な光景が広がっていました。



コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://manga7seeds.blog122.fc2.com/tb.php/12-7c2a53e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



  presented by 無料ホームページテンプレート
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット [PR]「7SEEDS」を読む!  お勧め情報商材  インポートランジェリー 
宇部市 美容室相性占い NINJA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。