スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7 SEEDS:東風の章(4)その意味 あらすじ・ネタバレ

夏のチームからの置手紙。その内容は・・・

『わたしたちは 
 夏のBチームの者です。
 九州からここにきました。
 仲間の人たちは九州の
 由布岳のシェルターにいます。
 もしここに立ち寄る人がいたら
 何か印を残して下さい。
 いつか会えると信じています。
 くれふれも動物には気をつけて。
 お元気で・・・。
     岩清水ナツ      』


藤子:「夏のBチーム・・・ほんとにあったんだ・・・」

花:「じゃあきっとあたしたちは本当に春のチームなんだね・・・」

もも太:「九州の由布岳も地方富士だよ。7つの富士の一つなんだねきっと」

角又:「つまり全く、柳のおっさんの話とおし・・・ちゅうことかいや!」

ちさ:「会いたいですね」


花は、他に普通に生き残った人たちが気になっています。
つまり、嵐。
嵐は、どうなっているのか?


別の扉があり、そこを開けてみると、本がたくさんつまっていました!
サバイバル読本、かまどの作り方、星の見方、天気の見方、各種図鑑にやさしい農業、
百科事典まで!

そして、花のリュックの中にも本が一冊入っていました。
それは、ロビンソンクルーソーの下巻。
上巻は嵐が持っています。



角又:「俺らは発想の転換をせなあかんと思う。
    俺らは自分らが遭難したんやと思てた。
    ほやから日常のみんなのとこに帰らなあかんて。
    けど、帰るべき日常はもうない。どうやらな・・・
    いなくなったんは俺らやなくて、みんなの方やった。
    俺らは遭難したんとちゃう!生き残ってしまったんや!」

藤子:「つまり考えを変えて、ここで生きることを考えるってことね」

角又:「その道は大きく分けて2つや。定住かさすらうか」


花はまだ呆然としています。

「嵐がもしどこにもいないなら、あたしはここで何をするんだろう。
 ここで生きてく意味はなんだろう?なんのために?
 嵐がいないのに?
 あたしたちを勝手に選んだあっさんたち、よくきけ!
 生きるためだけに生きることは、できないんだと!」

そんなことを考えながら、外を歩いていた花は崖か何かに落ちてしまいます。
たまたまそれを見ていたハルは心配して声をかけますが、
下が水になっていたので、ちょっと安心。

その水たまりは、あったかいお湯でした。天然の温泉のようです。

嵐がいないなら死んでしまってもかまわないとまで思っていた花は自分を笑います。
「あたしはバカだ」と。
だって、死んでしまったら、絶対に嵐には会えないから。


 
下に天然の温泉があることを知らせると。みんな大喜び。
てか、女性人が大喜び(笑)

ちさ:「じゃあ、その前にごはんにしましょう。
    倉庫にお米があったので、炊いてみました」

何日ぶりかのお米に、みんな本当に喜んでいます。


お風呂にご飯。
たったそんなことで、泣いてしまう花。
「生きてる・・・お腹がすいて、白いごはんをかみしめて、あたしは生きている」

それと、ハルが花に話しかけます。

ハル:「ねえさっき、身投げしようとしてなかった?
    あのさあ、オレ死ぬのはもうやめたのね。
    それは花と一緒だと面白そうな気がするからで、
    だからさあ、うかつに身投げとかしないでほしいんだよね」

花:「心配してくれてありがとう」


一方、医学書を見てる藤子に角又。

藤子:「角又、あたしさ、やっぱり医者になろうと思って」

角又:「おう、おまえが失敗したら俺が経をあげるよって安心せい」

と角又の髪をひっぱる藤子(笑)



花:「ねえみんな。ここには水もお湯もあって、倉庫に物資もある。
   ここを拠点にするのはどうかな。
   移動ばっかしは体がもたないと思う。
   少しずつ行動半径を広げるとして、まずはロビンソン・クルーソーに習って。
   どうかな?」

という意見に、みなが賛成。


みんなで家づくりを始めた。
畑も作ってみる。
毎日のノルマがあるのはいいことみたいだ。 



コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://manga7seeds.blog122.fc2.com/tb.php/24-77d79989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



  presented by 無料ホームページテンプレート
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット [PR]「7SEEDS」を読む!  お勧め情報商材  インポートランジェリー 
宇部市 美容室相性占い NINJA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。