スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7 SEEDS:芒種の章(5)熱風と桜 あらすじ・ネタバレ

母が死んだとき、そばにいてくれたのは花だった。
オレはずっと花の鼓動をきいていた。

ああ、生きているということは、ここにいて触れていられるということで
死ぬというのは、もうどこにもいなくなるということなんだ。


そんなことを思いながら、炎天下の中歩き続ける嵐たちは、
休憩できそうな木を見つけました。

中は綿みたいで水気があると蝉丸がナイフを刺そうとしたら、
また恐竜らしきものを踏みつけました!

よく見ると、恐竜から木が生えています!


雨が欲しい。水が欲しい。
けど、雨が降ったら獣たちが起き上がってくる・・・



嵐は、もうずっと水の中で生きてきました。

「オリンピックに行こうね」と明るく言ってきたのは花。
花は水泳苦手だからやりません。
その代わり、壁のぼりをします。

花は嵐も一緒に壁のぼりをやろうと誘いますが、
嵐は「やらない」と一点張り。

嵐:「でも、花が落ちてきたら、しっかり受け止める」

そんなことを言う嵐に、花は笑顔で抱きつきます。



現実に戻って・・・

3人の足元に、山での「進むな」のサインを見つけました。
方向を指すサインもあります。

秋のチームはここに来てないはずだから、他の誰かがいると推測できます。

指示通りに1日半歩くと、やがて石仏が現れて、
そこには九州と同じようなシェルターがありました。


ここは、7つの富士のひとつ、経ヶ岳。
もしそうなら、ここは神奈川。
そして、彼らの道中に、富士山はどこにも見えなかった。



昔・・・

花がひとつのサークルをつぶした。
活動を称して、薬をやり女性を暴行し、恐喝する連中。
花は証拠を集め、学校と警察に提出した。
花はそういう連中を許さない。

裏庭で花を恨んでる彼らに囲まれ、襲われかけてるのを見つけた嵐は
彼らを全員ぼこぼこに殴り倒したのです。

水泳部はじまって以来のエースなのに。
暴力沙汰になんか起こしたら出場停止になってしまうのに。

嵐は彼らが死んでしまうんじゃないかと思うほど、殴り続けます。
花が嵐を止めにはりりますが・・・

花:「嵐に傷がつく・・・嵐に傷がつく」

嵐:「花が無事なら、オレに傷なんかつかない」



そんなことを思い出しながら、嵐はシェルターの中にある水に潜っていきます。

「いなくならないでくれ。どこかにいてくれ花!!」と切に願いながら。



倉庫までの道を見つけた嵐は、ロープを張ってきました。
いろいろ物資があるから、今夜はここで過ごして、そして東京へ。



東京に着いた彼らが目にしたものは・・・海に沈んだ街でした。

「結果はわかっていたけれど・・・」


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://manga7seeds.blog122.fc2.com/tb.php/33-5bab6c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



  presented by 無料ホームページテンプレート
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット [PR]「7SEEDS」を読む!  お勧め情報商材  インポートランジェリー 
宇部市 美容室相性占い NINJA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。