スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7 SEEDS:雨水の章(7)雀始巣 あらすじ・ネタバレ

ある島にたどり着いた花たち。

新巻は花を海水の中へ放り投げます。

新巻:「犬たちが教えてくれたよ。ヒントは塩です」

新巻曰く、あの青紫は岩塩のあるあたりには決して現れなかった。
だから、新巻も犬たちも関わらずにすんできた。
青紫はいつも雨期の大雨のあと、いつのまにか消えてしまう。

塩に弱いんだと想う。
濃い塩水でなら、治せるんじゃないかな。

その言葉に希望を見出すも、花は今つかってても体がしみないことに気づきます。
それは、塩がうすいから・・・

これでは治療には薄すぎるから、どこかに貯めて蒸発させて濃くするか、
元の海に戻った方がいい・・・と話していると、
それはムリなことが分かります。

というのも、水平線が盛り上がって、突然見たこともないほど海が荒れだしたから。
あまりにも海が荒れているため、いかだもボートも壊れてしまいます。
そんなことにはかまっていられず、逃げる3人。

花:「ボートを失くしたら、すぐにはここから出られない
   あたしのせいで、2人ともすみません。」

新巻:「ああ、あならのせいじゃないから気にしないように。
    僕が自分で決めて来たんだから、自分で決めたことは後悔しないから。
    ピッチングでも同じです。
    自分で決めて投げた球がどんな結果になっても納得がいく。
    逆に、迷ったまま違うんじゃないかなーとか思いながら
    言われる通りに投げたりすると悔いが残ります。
    僕は悔いが残らないようにすると決めてるんで。」

花:「なんで・・・そんなに優しくしてくれるんですか?会ったばっかりなのに」

新巻:「あなたがたには分からないかもしれrない。
    僕がどれほど人に会いたかったか。
    あなたが笑いかけてくれて、どれほど嬉しかったか」


そうして海水をくんでくるとまたでかける新巻です。
花は心の中で何度も涙いっぱいで「ありがとう」と言います。
「どれほどつらい目に遭ったとしても、人に優しくできる人がいる」



ハルは、外の雨の音を聞いて、「世界は音で溢れてる」ことを肌で感じています。
「今、とてもピアノが弾きたい」
そう感じたハルは、死海を探しにでかけました。

「オレはさ、自分で何も決めたことがなかった。
 それは、不満なことだったけど、楽なことでもあったんだ」



コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://manga7seeds.blog122.fc2.com/tb.php/41-6f282647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



  presented by 無料ホームページテンプレート
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット [PR]「7SEEDS」を読む!  お勧め情報商材  インポートランジェリー 
宇部市 美容室相性占い NINJA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。