スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7 SEEDS:雨水の章(8)桜始開 あらすじ・ネタバレ

ハル:「ここ、変な島だなあ。生き物の気配が全くないんですけど。
    ちょっと前まで草や木も繁ってたって感じなのに。
    生き物の声が全くしない。」

でも、そんな中でもハルは水の音をきいています。
はっきりと。たくさんあるけど、一つ一つ違う。
ハルは花のために塩の濃いみずたまりを見つけるつもりです。


一方、花と新巻。

花は熱が急に上がってきて、呼吸が苦しくなっています。
というのも、塩が足りないから。
持ってきた岩塩も使ってしまった。
新巻も、このあたりに岩塩がないか探しにいきます。


花は自分のことで、二人に迷惑かけてることを悪いと思い始めます。
自分のことで精一杯のこんな場所で、自分はなさけない。

「自分のことは自分ですべてするんだよ、花。
 たった一人で判断も決断も行動おもできるようにならなければ、
 危機に直面した時に助からないよ。
 動物と同じになることだ。体一つで生き延びる。
 自分の始末は自分でつけなさい」

昔、父親に言われたせりふを思い出します。
でも、これを教えてくれたのは、本当にお父さん・・・?



と、花は休んでた場所から、一人離れてしまいます。
吹雪だけが花についてきます。

青紫は顔にも広がってきてしまったのです。
もう止められない。
花は自分の死を考え始めました。

「ここは、死んでいく者のための島なんだ・・・」

と倒れ込む花。


するとある男性がやってきます。

「この島は、少し前までこんな姿じゃなかったんだが。
 種の数が少ない地域は、一つのきっかけで全滅する可能性が高いんだそうだ。
 この島はいびつだった。
 おかしな植物と白いゴキブリとネズミとワニしかいなかった。
 花、死にたいか。
 一言言えばいい。死にたいと。ただれて朽ちる前に死にたいと。
 わたしはそのためにここにいるおまえのために。」

彼は、夏のBチームの百舌。

でも花には誰だか分かりません。

「死にたいか、花」

と花の首に手をかける百舌。



コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://manga7seeds.blog122.fc2.com/tb.php/42-e38cb4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



  presented by 無料ホームページテンプレート
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット [PR]「7SEEDS」を読む!  お勧め情報商材  インポートランジェリー 
宇部市 美容室相性占い NINJA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。