スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7 SEEDS:雨水の章(9)雷乃発声 あらすじ・ネタバレ

「死にたいか、花」

男、百舌さんは花の首をしめながら、花の意思を確認します。

この人は誰だ?あたしは死にたいのだろうか?
ああ、そうだ、そのつもりで、みんなのところから出て来たんだ・・・

百舌:「死にたければ殺してやる」


花がもうあきらめかけた時、
寄りかかってる岩に人の名前が彫られているのを見つけます。

『夏のBチーム参上!』

その名前をずっと見ていくと、花が見つけたのは・・・

『青田嵐』という名前。

嵐が、嵐が来てる・・・

花:「死にたくない。手を離せ。あたしは死なない。
   死にたくない!死んでたまるか!イヤだ!いやだ!いやだ!消えろ死神!」

その声に新巻が花の元に駆け寄ってきました。
すると、百舌さんはその場を離れます。


花がその岩に見たものは・・・

『青田嵐 花へ 会おう』



一方、ハルは。

水音で、濃い塩水と薄い塩水を聞き分けています。
そしてついに濃い塩水を見つけたハルは、子犬たちにそれを知らせます。
それを知った荒巻は、花を背負って、その塩水のところまで連れていきます。

新巻:「不思議だね。ここに来なければあれは見られなかった。
    この病気にならなければ、海にでなければ、きっと見ることはできなかった。
    不思議だね。人に会いたいという気持ちが僕があなたに会わせ、
    彼の会いたいという気もりが、あなたをきっと呼び寄せた」


そして、濃い塩水の水溜りの場所につき、
上からその水場に花は飛び込みます。

「嵐、きっと病気を治して、会いにいきます!」




コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://manga7seeds.blog122.fc2.com/tb.php/43-d5b541f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



  presented by 無料ホームページテンプレート
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット [PR]「7SEEDS」を読む!  お勧め情報商材  インポートランジェリー 
宇部市 美容室相性占い NINJA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。