スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7 SEEDS:穀雨の章(1)ワルキューレの騎行 あらすじ・ネタバレ

ワーグナーの「ワルキューレの騎行」が大音量で鳴り響く。
毎朝の起床の合図だ。


君たちは選ばれた子供である。
厳選された卵子と厳選された精子から生まれた。
非常に特別な子供たちである。

なぜ特別か
君たちには使命があるからだ
この国の未来を救うという高潔な使命だ

君たちは身体を鍛え、多くを学び、完璧な人間を目指さなければならない
どんな環境に置かれても、生き抜く知恵と力を身につけなければならない
ダメのものは容赦なく脱落させる

いいか!君たちはノアの方舟に乗れる選ばれた人間なのだ!


安居←黒髪の少年、主人公

そう、僕たちは生まれたときからここにいる。
はじめはもっと大勢いたと思う。
どんどんいなくなり、今は百人を切った。
僕らが17歳になった時、この中からたった7人が選ばれる。



生徒たちは、小さい頃から、このたった7人の残るために頑張っています。
友達と仲間と一緒に勝ち残るために一生懸命勉強して努力しています。

安居が一番仲のいい友達は、茂。
茂は西の崖がなかなか登れなくて、居残りで特訓を受けていて、
他の授業のレポートが出せずに怒られてしまいます。

そして、先生が「西の崖がクリアできない者は脱落させる」ことを決めました。

安居は、茂に勝ち残ってもらいたいので、
朝早くに茂の崖のぼりトレーニングの手伝いをかってでます。


茂は気がついた時には左がわにいつもいた。
ちなみに右側は小瑠璃。
僕らは一緒に大きくなった。

安居:「まっすぐ体を伸ばしきったらダメだって!あきらめるな!足をかけ直せ!
    習ったろ3点支持だ!行け茂!」

これからも一緒に行く!
みんな一緒に選ばれよう!
な!茂!



彼らには親はいません。苗字もない。
ここで育った。
だから、脱落したらどこにも帰るとこなんてない。



西の崖のぼりのテスト当日。
茂は、安居のサポートと応援のおかげで頂上まで登ることができました!


消灯の合図には、ドヴォルザークの「家路」が流れる。
時々、要先輩が一人トランペットでセッションする。

彼らは、13歳になった。
本当に試練が始まったのです。



コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://manga7seeds.blog122.fc2.com/tb.php/45-9cbd09e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



  presented by 無料ホームページテンプレート
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット [PR]「7SEEDS」を読む!  お勧め情報商材  インポートランジェリー 
宇部市 美容室相性占い NINJA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。